交通事故での損害

損害賠償金として支払われるお金の種類は大きく分けて4種類です。交通事故の損害賠償は、様々にあるのでどのようなものがあるのか知っておくことが肝心です。

積極損害は、交通事故のケガで病院での治療を受けたり、入院したりした場合に交通事故が原因での出費が必要な場合に発生する損害です。治療費や通院交通費、被害者が死亡した時は葬祭費用と様々な費用があるのが大きな特徴です。

積極損害として請求できる主な費用は以下の通りです。診察費や治療費、リハビリ費用や手術費用、入通院費用や付き添い介護料、通院や通勤交通費等です。

消極損害は、交通事故の被害者にならなければ得ることができた利益の損害のことです。たとえば、交通事故で仕事をやすまざるを得ないという場合は休業損害です。交通事故でケガを負って後遺症が残った場合は後遺障害慰謝料です。労働能力が低下した場合に請求する場合は、逸失利益です。

休業損害は、交通事故にあって入院や通院で仕事をやすんだ場合で、その期間の収入や利益が減るのでその場合の休業損害です。逸失利益は、交通事故で片腕や片足を切断、後遺障害になり労働能力が低下、交通事故にあわなければ得られた収入の減少の損害がこの逸失利益です。